【ナイスですね~】平成の岩窟王、村西とおるに学ぶ不屈の精神

村西とおる

平成の岩窟王の不屈の精神に学ぶ、前科7犯負債総額50億円、ナイスな人生でございます。サブタイト村西とおる7転び8起き。村西とおるナイスですね~で一世を風靡したあの監督兼男優です。彼の本名は草野博美、福島県いわき市、通称ハメどりの帝王の異名をもつ前科7犯です。村西とおるの名前の由来は当時所属していたクリスタル映像の西村社長の名前をひっくり返して村西とおるにしました。
[cc id=383]
[br num=”2″]

「とおる」とは借金や前科のある人間でも再び世間にまかにとうるかと言う思いでつけたそうです。彼の生い立ちは極貧でした。高校を卒業後上京しバーテンダーや百科事典のセイルスをへてその後、北海道に渡り当時流行していたインベーダーゲームのリースとビニィ本の制作販売のお店、北大神田書店グループを作り45日で50店舗の驚異的なスピードで一大グループを形成する。何しろ1冊数百円の原価の本が3000円から1万円で飛ぶように売れました。しかし急速な店舗展開とルーズな金銭管理のため内部崩壊しました。この辺は私には耳の痛いところです。そんななか、たまたま知り合いを通じてクリスタル映像にお世話になり監督として頭角を現しました。
[cc id=383]
[br num=”2″]
以後クリスタル映像を離れて黒木香と新しくダイヤモンド映像を立ち上げて、擬似sex全盛の時代に過激な本番や駅弁ファックなどの斬新なスタイルを確立する。以後衛生事業の失敗と主演女優のギャラが余りにも高額な為に採算が取れ無くなる。そして空からエロが降ってくるのキャッチコピーで大々的投資をした衛生事業の大失敗により50億円の負債を抱える。そんな村西とおる氏の凄いところはけして自己破産しないところです。その後は雇われ監督としてビデオ安売王の専属で30本以上の作品を作りました。その後はビデオ安売王を離れて日本映画、新、と言う制作会社で監督をしましたが程なくしてこの会社は倒産したが、68歳になった今でもブログや雑誌に村西節を炸裂させています。たまたま買った雑誌スパに村西とおる氏の記事が載っていたので68歳でも頑張っておられる村西とおる氏にエールを贈る為にブログに書きました。かれの不屈の精神を見習って頂けたら幸いです。


[br num=”2″]

関連記事

ページ上部へ戻る