江守藹氏 – 黒人イラストレーターの第一人者 –

黒く踊れ
[br num=”2″]
今回のシリーズでトリを飾る人物は、江守藹氏のお話です。
[br num=”2″]
一般の方には余り馴染みが無いと思いますが、ディスコ業界や黒人イラストレーターの第一人者です。
[br num=”2″]
私も勉強不足でしたが、youTubeでバブルガムブラザーの東京レディの動画に出てくるお店の壁面の黒人の絵は多分、江守氏の作品だと思います。私より大分先輩で若くして六本木界隈を遊んでいた元祖遊び人。私が尊敬してやまない人物です。
[br num=”2″]
スタイルもスマートだしとてもダンディーな方で、そのブラックダンスはとても洗練されています。ブラザーコンさんと二人でダンスする動画がYouTubeにアップされていますので、動画ディスコ伝説1968で検索して見てください!
[br num=”2″]
私も遊びがビジネスに繋がりましたから今の日本経済を活性化させる為に多いに遊んで下さい!よく芸人の世界で「遊び事が芸の肥やしになる。」と良く言いますが私も全く同感です。私も良くナイトレジャーディスコも含む風俗にはだいぶ投資をしました。
[br num=”2″]
この編のお話は、ちかじかメルマガを配信したいと思います。ブログでは書けないオフレコのあんな話こんなお話しを書きたいと思います。
[br num=”2″]
お話がだいぶ横道にそれましたので、江守藹氏のプロフィールをご紹介します。1948年東京生まれ、70年代イラストレーターとして数多くのレコード、ジャケットを制作。現在までにCDを含めるとその数150枚を超える。また音楽&店舗プロデューサーDJ.ダンサーとマルチに活躍。書籍も「黒く踊れ!―ストリートダンサーズ列伝」を主筆。六本木でブラザーの聖地、アフロレイキを作る文字どうりブラック会の重鎮であり、黒人イラストレーターの第一人者です。是非ブラックミュージックに興味のある方は、江守氏の本を見てブラックミュージックを体で感じて下さい!
[br num=”2″]
次回のお話は、原宿でゴールドラッシュを掴んだ男、山崎眞行氏、怪人20面そうクリーム ソーダ、ピンクドラゴンのオーナのお話です。
[br num=”2″]
以上落ちこぼれ社長奮闘記の吉野でした。
[br num=”2″]
明日も乞うご期待を!!
[br num=”2″]

[br num=”2″]
「エモリ塾」 ソウルダンス・ラーニング
[br num=”2″]
今はダンススクールもやられてるみたいですね!
[br num=”4″]

関連記事

ページ上部へ戻る