債権回収とカードのお話

おはようごさいます。
吉野です。
昨日のお話しの続きで、カードの返済が送れてカード会社の管理部に債権が移行すると少し圧力がかかりますが、処方箋を知っておけば怖く有りません。一番よくない行動は、バックレルこと。相手も感情の動物ですから応対も圧力を感じます。
ひと頃の日栄や商工ファンドの様に、会社や連帯保証人にお金が返せないなら角膜を売れとか、腎臓を売れと言う暴力的とりたては出来ませんし、法定金利以上のとりたてが4年以上続いて金利が20パーセントを越えていれば、行政書士
や司法書士の先生を使い還付金請求をすれはお金が戻るケースがあります。
相手もビジネスで有るから1円でも回収したいのが心情です。債権が払えなくなると期限の利益が喪失した為一括請求をしろと言う通知が来ますが、これもラブレター位の気持ちでいて全然OKです。
しばらくすると業者が軟化していていくらなら支払いが出来るのかとまるで手のひらを返したような行動にでます。私の場合は3社で約300万ほどの借り入れて、話し合いで2社はその後何も言って来ませんので何も無く7年が過ぎれは時効です。
その時は先方に内容証明を出す事をお忘れなく、一番最後まて食い下がってきたのが流通系のSカードです。
この会社は簡易裁判をして来ましたか話し合いで5年間毎月3,000円。6年目からは15,000円の5年払い。金利なしで和解してます。その間にお金を貯めて債権を三分の一の金額で一括払いをすればおそらく先方も条件を飲むはずです。
次はAmericanエキスプレスカードお話を。
私はAmericanエキスプレスカードのゴールドカードを会社を清算して非正規社員の時にとりました。
後て証拠の写真をはります。コールドカードで毎年200万以上の買い物を2年位しているとAmericanエキスプレスからインビテーションのお誘いがあり、プラチナカードの申し込みがきます。
ただし年会費があの当時で10万以上、今では約13万位掛かり、私の場合は海外旅行もしないので1億の保険が付いたとしても費用対効果がないので申し込みはしませんでした。
一様Americanエキスプレスはプラチナカードは年収は1000万以上だときいてます。しかし実務ではカード会社もお金を使ってくれる人がお客様と言う事になりますね!Americanエキスプレスは支払いが2回以上遅れるとカードが無効になります。貯めたポイントもチャラに成ります。それでAmericanエキスプレスと大げんかして西武のAmericanエキスプレスカードを作り半年もしない内にゴールドカードになりました。ですから一様カード会社も与信を掛けますが回収が自信がある会社はカードも作れると言う事になります。あと確か信販系のJカードは支払いが遅れてカードが使えませんと通知がきましたが自分が払える金額2万位を5ヶ月位をしていると向こうから新しいカードがきてちゃんと使えましたし、S銀行の子会社化Pは5万までのカードは作れました。一様金融機関はCICに与信をかけますが一様に各社温度差が有ります。カードをある年齢で1枚持ってないとカードが作りづらくなります。
これは、金融機関はどくじのスコアリングシートがありカードがない人間はスコアリングが著しくわるくなります、明日は自宅を担保に取られて約定どうりの返済が出来なくなったときの処方箋のお話しをします。

関連記事

ページ上部へ戻る