人の行く裏に道あり花の山

人の行く裏に道あり花の山

これは株の格言です。他人と同じ行動すると儲からないですよ!と言う教えであります。

人は自分ひとりで行動することの苦手な生き物です。なにかた他人と違うことをやっているとツイツイ不安になって来るのは私だけでしょうか?しかしビジネスでは、この皆と同じ動きがしばしば弊害になります。これは私のビジネス成功体験です。

私は脱サラしてビデオ安売り王のフランチャイズオーナーになり、晴れて、一国一畳のオーナーになりました。レンタルビデオ全盛期にビデオを販売するフランチャイズでした。時代もセルビデオが世の中に認知されかけたころで、これがみごとに当たり、4年で9店舗のオーナーになることができました。最盛期の年商は3億円を越えておりました。

このセルビデオをオープンに当たって、私の友人に相談した所、みな反対でした。なぜなら、レンタルする料金が1日300円と格安だったからです。一方私は、セルビデオ1本2980円から販売、そんなビデオは売れるはずが無いと言われました。また、

「お前はそのフランチャイズに騙されているからおとなしく、 サラリーマンを続けていた方がおまえの為になる。」

とか、

「おまえは経営者にふさわしく無い。」

とまで。大きなお世話をかいてくれる先輩方がいました。結果はみごとにはずれました。最終的に違うビジネスにまで手を出し、借金を抱えることになってしまったのですが(笑)

この経験から分かることは、他人と同じ動きをすれば一見安心である様に思うが、裏を返せばそれではライバルとは差がつかないということです。むしろ、先に飛び出した、右も左もわから無い若造に先を越されてしまう可能性すらあります。他人と同じということは、すでに、市場は一杯一杯。

これらレッドオーシャンの市場では、ヒョッコアフィリエイターは思ったより稼げ無いはずです。ならば、新しい市場、先行者利益を享受した方が遥かに懸命な選択ですよね?
これら未開の地を開拓した方が最短最速で結果がだせる。アフィリエイトで勝者になれるはずです。

次回のお話しは、鶏頭になるも牛後になるなかれ。でおはなしをさせて頂きます。

関連記事

ページ上部へ戻る