インターネットビジネス

おはようございます。 今日は飲食店でも物販でも日焼けサロンでもないビジネスのお話をします。

感の良い読者のかたはお分かりの事とおもいます。今の時代、インターネットやSNSを使ってビジネスを展開する事が、最もリスクを最小限にして起業する事だということを。わたしがこのネットにたどり着いたのは、飲食店の経験と企業経営の経験でコンサルをやろうとしていたときに、タマタマネットサーフィンをしていて見つけた記事がきっかけでした。さっそく無料DVDを取り寄せました。そこには、「飲食店をネットを用いて救済」と、ありました。いろいろ調べていくと、ほど無くして情報業界のドン、与沢翼を知り、さらに調べbていくと、ビックサイトで七星さんの6000人のセミナーがある事を知りました。

右も左もわからない状況でしたが、持ち前の行動力でそのセミナーに参加しました。ネットの可能性や気づきをもらい、Facebookの凄さを知り、そこから2年間、愚直にFBをやり続けました。度々FBからのペナルティをもらいながらも、ひたすらFBの友達5000人を目標にして、現在は3500人に迫るまでにきています。

なぜFBかはおりを見てお話をします。FBは基本顔だしが原則ですが私は猫の写真でも毎日お友達申請を頂いております。キュレーションや記事などは書かずとも、たまにするコメントやシェアだけて約3500人のFB
を作りました。

FBで稼いでいる方は自身をブランディングしてメルマガに誘導したりFBでさらりとPRして自身のセミナーだったり無料オファーをしのばしたりしてっいます。凄い女性は、月に400万円を稼いでいるそうです。FBでは私の友達におります。

FBの凄い所は、属性を絞ることでそこにピンポイントで記事が出せたり、イベント紹介などが全て無料でできる事です。因みにリアルでは、折込チラシのコンバージョンは1%とあれはいいほうです。因みにうちは、新聞折込1000枚で1枚当たり30円位のコストがかかり、版下を作るのに5万位。印刷や配布など諸々の経費で約10万くらいで回収が3枚でした。とても客単価5000円では費用対効果が悪かった事を記憶しております。ビデオ店でも商圏はたかだか半径1キロぐらいだし、小さい町の飲食店では、よほどの特色のある飲食店でない限り半径は数百メートルぐらいが関の山でしょう。24時間365日、無休で営業はできませんが、ネットの世界では無限商圏24時間365日営業は可能です。場所もネット環境があれば海外からでもビジネスができます。ですからこれからはネットを勉強しないと大きなビジネスチャンスを逃す事になります。ですから、私もおくらばせながらこのネットを使ったビジネスをわたしの若きビジネスパートナーと成功させるべき日夜奮闘しております。

因みに蛇足になりますが、ppcの一クリックで一番高いねが「浮気」で、一クリック8000円です。ppcはお金でキーワードを買ってネットの一番最初の画面に広告を載せることができます。「浮気」の次ぐに高いのが「レイシック」、「カラーコンタクト」だそうです。

余談ですみません。

明日はお店オープンから半年に2号店の個室ビデオのお話をします。
乞うご期待!!!

関連記事

ページ上部へ戻る