【2017年最新版】今すぐお金を借りたいあなたへ【即日融資の方法】

落ちこぼれ社長です。
私がお金を借りることに関しては天才です。
なぜなら、23歳で住宅ローンを組み、36歳で脱サラのために10以上の銀行を練り歩き、お金を借りまくったからです。
・闇金
・サラ金
・消費者金融
・ノンバンク
・地銀
合計数億は借りました。
そして、紆余曲折あり今に至ります。(まだ借金は残ってますが…)

今回は、こんな私の「圧倒的にお金を借りてきた経験」を元に、「今すぐお金を借りたいあなた」に必ず役に立つ、お金の調達方法をご紹介します。

そもそも、なんで今すぐお金が必要なの?

まずは、なぜあなたが「今すぐお金が必要なのか」が大切です。
私の体験談ですが、基本的にお金を借りるのはよくないです…。
やはり「利息」がかかるので、基本的には借りたお金<返すお金となり、損です。
(すでにご存知だとは思いますが…)
では、お金を借りたいあなたは今、どのような状況でしょうか?
もしかしたら、今すぐ借りなくても大丈夫かもしれません。

理由1:今すぐお金を借りないとヤバい状況の人

こんな人はたぶん、今すぐお金を借りないとヤバいと思います。
・食べ物を買うお金がない
・多重債務者で、警告が何度もきている
いかがでしょうか?
このケースは確かに、「今すぐお金を借りないとヤバい」ですよね。

理由2:そうじゃない人

では、こう言う人はどうでしょうか?
・携帯代
・水道光熱費やネット代
・家賃
・クレジットカードの支払い
・親族や知人から借りたお金の返済
もし初めてではれば、ぶっちゃけ1回くらいはなんとかなります。
私は何度も携帯代を払い忘れたり、家賃を滞納したりしましたが無事今日も生きてます(笑)
もちろん、延滞料がかかってしまったり、クレジットカードの場合は信用情報にキズがついてしまいますが…。
「今すぐお金を借りる必要はない」んです。
あ、友達とか家族にお金を借りてる人は、全力で謝ってくださいね(笑)

こんな人は要注意

①借金返済

お金を借りることが習慣になっていませんか?
借金返済のためにお金を借りることを続けていくと、利息ばかりが膨らみ、やがて多重債務者になってしまうかもしれません。
毎日の食事を節約したり、無駄遣いを減らしたりして、借金の元本を少しでも減らせるようトライしてみてください。

②多重債務

借金返済のためにお金を借り続けた人。
それが多重債務者です。
もしかしたらどうしようもならないくらい借りてしまっている人もいるかもしれません。
そんな方は、「法律相談カフェ」に相談してみてください。
最短1分で問題が解決できます。

③生活費

生活費で困っているなら、生活レベルを見直してみましょう。
収入とは見合わない消費や浪費は危険です。
例えば、
・衣食住(洋服代、食費、家賃)
・生活必需品(ネット、携帯やスマホ、水道光熱費)
・娯楽(ゲームの課金や遊びなど)
見直せるところから、見直してみてくださいね。

④事業資金

事業資金でお困りの方。
既に何かのお店を経営しているのでしょう。
例えば、ラーメン屋さんの店長さんや、ケーキ屋さんの店長さん。
そのお店の材料費やアルバイトさんへの支払いに困っているのではないでしょうか?
その場合は、事業資金専門の会社に相談してみてください。
詳しくはここで解説しているので、必要な方はみてみてくださいね。

⑤学費

学費で困っている方。正直、私が助けてあげたいのですが…。
学費の場合は、親御さんや祖父祖母・曽祖父曽祖母さんに相談してみては?

⑥教育費

教育資金で悩んでいる方はきっとお子様を抱えたお父さん・お母さんです。
教育費に関しては、
・奨学金
・自治体の補助金制度
・企業が実施している各種教育ローン
等をみてみてください。

⑦引っ越し費用

引っ越し費用のためにお金が必要なら、私の経験を踏まえて考えると、「今引っ越すべきでない」と考えます。
なぜなら、引っ越し費用のために借金をするのであれば、もう少しお金をためてから引っ越した方がいいからです。
借金は必ず利息がかかるもの。親御さんから援助してもらえないか、もう一度聞いてみることをオススメします。

⑧車の購入費用

車の購入費用…。正直私の経験を踏まえて考えると、「今車を買うべきでない」と考えます。
理由はもちろん、「利息がかかる」からです。
もし「絶対に必要」であればいいと思います。
ただ、もし「欲しいから」という理由であるなら、見直すことをオススメします。

⑨住宅ローン

これは、
・住宅ローンを組みたい人
・既に組んでいて返済に困っている人
に分かれると思います。住宅ローンを組みたい人は、
・なぜ今家を購入しようと思ったのか
・本当に今購入するべきなのか
じっくり考えてみてください。
・既にローンを組んでいて返済に困っている人
は、返済について相談してみてください。

即日融資の方法は?

ここまで、
・それぞれのケース
・状況別の対応策
をお話させていただきました。
それでも、「今お金を借りたい」「今お金を借りる方法が知りたい」という人。
もちろんあるので教えますが、「借りすぎ」には注意してくださいね。

①アイフル

アイフルは、審査時間が最短30分。融資時間は最短1時間です。
収入証明書が不要なので、文字通り「今すぐ」お金を借りることができます。

②アコム

アコムも、審査時間が最短30分。融資時間は最短1時間です。
収入証明書は、50万まで不要。アイフルとほぼ同じ条件だと思います。

③プロミス

プロミスも、審査時間が最短30分。融資時間は最短1時間です。
収入証明書は必要。アイフルやアコムに比べ、手続きはやや面倒です。

④レディースアイフル

レディースアイフルは、女性のための消費者金融。
条件等はアイフル等と同じです。

限度額はどれくらい?

「限度額」という言葉をご存知でしょうか?
限度額は、「借りれるお金の総量」のことです。
ほとんどの人の場合、1度で何百万もお金を借りることはできません。
大抵は10万円とかがほとんど。
限度額は500万とか800万とか書いてあるページも多いですが、あれはあくまで「最大値」。
年収が何千万もある人がようやく借りれる金額なんです。

<まとめ>ご利用は計画的に。返済シミュレーションもしっかりと

お金を借りる方法は以上です。
今すぐお金をかりたいあなたに、オススメの方法は、
・アコム
・アイフル
・プロミス
・(女性の場合は)レディースアイフル
です。
ではこれらの消費者金融でお金を借りた後は、返済計画を立てなければなりません。
返済計画の建て方については、ここで詳細にまとめたので、参考にしてみてくださいね。

<番外編1>ブラックでも借りれる方法
<番外編2>自己破産でも借りる方法
<番外編3>生活保護でも借りる方法
<番外編4>無職でも借りる方法
<番外編5>主婦でも借りる方法
<番外編6>アルバイトでも借りる方法
<番外編7>学生でも借りる方法
<番外編8>誰にもバレずにお金を借りる方法

関連記事

ページ上部へ戻る